日本男児、おしっこを座ってするor立ってする問題

今回の賛否両論な議論テーマは「おしっこの仕方」の話題です。




今日、なにやら座っておしっこをする男子が多いと聞きます。

あなた、もしくは周りの男性たちはどうでしょうか?

座っておしっこをする人口は全体の4割と言われています。

そこで、世の男性達の意見を集めてみました。





皆の声













この「おしっこ座るor立ったまま問題」は、男と女の闘いと言っても過言ではありません。(過言)

もちろん、この座っておしっこをするのにもメリットがあります。

その為、立っておしっこ派が窮地に立たされているのです。

ここで、おしっこを座ってするメリットやデメリットを見てみましょう。





おしっこを座ってするメリット





便器や床が汚れない



最大のメリットであり、女性たちの総意であるメリット!

それが、便器や床が汚れないことです!

男が掃除をするならまだしも、掃除を任せている男諸君はこの理由を前に座ることを意義なくされたことと思います。

実際、立ったままおしっこをする際に飛び散る尿は想像をはるかに超えます。



これを見てもあなたは座らずにいられますか?



家族に怒られなくなる



「ちょっと!また立っておしっこしたでしょ!?」

「あ、ごめん(うるさいなあ)」

「もう自分で掃除してよねー。」

こんな会話をしたことはありませんか?

まるで子供のような言い合いで気分が萎えますよね。

こういった繰り返しを防ぐことができます!

夫婦円満はトイレで座るところから。



座っておしっこをするデメリット





残尿感



男性は座っておしっこをするような体に作られていません。

人によっては、満足に放尿をできない可能性があります。

残尿があった場合、尿漏れや尿道炎のリスクもあります。

中にはつま先立ちして残尿を解消するなど涙ぐましい努力をする方もいるそうです。




病気のリスク



座りながらおしっこをするというのは、本来の形とは違い何か無理をする必要がある場合があります。

人にもよりますが「尿道が曲がる」「残尿感で膀胱炎のリスクも上がる」「前立腺肥大に気づきにくくなる」などのリスクがあります。

されど、おしっこ。

座っておしっこの積み重ねで病気になるかもしれません。




大和魂が薄れる



お笑い芸人の小藪さんは、某番組にて「自分で掃除してでも、立ってせえ!」と独自の持論を展開していました。

実は、この座っておしっこのデメリットは医学的根拠はまだありません。

研究が進んでいないのです。

ですが、気持ちの問題ではありますが「男らしさ」が座っておしっこをすると薄れる気がするのです。

良そうではありますが、ホルモンなどに影響し筋肉がつきにくくなったりするのではと考えています。





皆さんは、「おしっこを座るor立ったまま問題」をどのように考えますか?








0

窪田成

@CUBOTAsh 世の中はほとんどが賛否両論なのだと考えるようになりました。 例えば、「あなた」という存在。 社会の役に立っているかもしれない。が、地球にとっては酸素を二酸化炭素を放つだけの癌でしかないのかもしれない。 禅問答を語り合うのが楽しいと感じる変人です。 題材を募集中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 Star (No Ratings Yet)
読み込み中...