キラキラネームの賛否両論について議論する




今回の賛否両論な議論テーマは「キラキラネーム」についての話題です。




この記事は、キラキラネームを馬鹿にする気は一切ありません。

キラキラネームについて賛否両論ある中、本当にキラキラネームはダメなのか考える記事です。


近年、読めない名前が増えた気がします。

けして読めない名前が悪いというわけではなく、名づけの傾向ががらりと変わったということです。

キラキラネームに向き合うには、名づけ(命名)の傾向を知る必要があります。






名づけの傾向の変化





皆さんの名前の由来は何ですか?

親の漢字を使った名づけ、当時の有名人から引用した名づけ、一文字一文字に親の思いがある名づけ、何番目に生まれたからと数字を入れた名づけ、カッコイイやかわいい名づけ。いろいろな思いからあなたの名前は決められて事と思います。

2018年の名づけの傾向はこんな感じです。

赤ちゃん本舗、ネットピさんより引用



確かにレンやアオイなんかは度々見ますね!

最近の赤ちゃん命名ランキングの印象としては、「読みは普通」ですが「漢字は少し個性を出す」傾向がありますね。

顕著なのが、女の子命名ランキング4位の「咲良」。

「サクラ」は非常に昔からある名前ですが「咲く」に「良い」という漢字を使っています。

「桜」そのままよりも、なかなかメッセージ性がありますよね。

他の名前にも言えますが、「読みにくい」です。

半分以上読める方いますか?

これは、2000年に比べて「読みにくくなっている」ということです。



2002年の命名ランキング、半分以上は読めるかと思います。

2000年、命名の傾向は「読みやすい漢字」「今までになかった音」の組み合わせといった感じでしょうか?

以下の画像を参考にしても2000年以降の名前は、流れが一気に変わっています。






名づけ、命名の傾向を総括しますと、「親の想い」が名前に反映されるようになった。「個性」を名前で出すようになった印象です。

また「少子高齢化」によって1世帯の出生率も変わっていきました。

1950年ごろの第二次世界大戦後は「ベービーブーム」と言われる世界的な人口増加も背景にあります。





キラキラネームは「悪い」のか?





最近のキラキラネーム



これがなにをもってのランキングなのか詳しくはわかりませんでした。

そもそも、キラキラネームの定義もあいまいです。

そのキラキラネームの中での「多い順ランキング」かもしれませんし、「キラキラネームだと思うランキング」は?かもしれません。

たしかに、上の画像の中にある5位、8位はさすがにやりすぎかと思います。

ですが、やりすぎではないキラキラネームであれば問題ないのではないでしょうか?

2000年の5位が「大翔」という名前がランクインしています。

「大」を「ひろ」と読むのは今となっては馴染んできましたが、当時はどうだったでしょうか?

「心愛」を「ここあ」と読むくらいには違和感があったのではないでしょうか?

2018年4位の「咲良」も多数派になっていなければどうでしょうか。

2018年の3位である「陽葵」も読みにくさでは、なかなかだったと思います。

何が言いたいかというと、

数が多いキラキラネームは、キラキラネームなのか?

一部過激なキラキラネームを除いたキラキラネームは、数が多ければキラキラネームにならないのではないのか?

珍しい名前=キラキラネームとなっている場合もあるのではないか?

怒っているように見えたらすみません。

私は、あくまでも中立の立場だと改めて主張します。

キラキラネームと騒いでいる方々は、今一度考えてみてください。

あなたの名前は、30年前にはキラキラネームだったかもしれません。






キラキラネームを肯定的な意見














キラキラネーム反対の意見













まとめ




キラキラネームと呼ばれる珍しい名前は、確かに愛が込められた大切な名前かもしれないです。

ですが、そのキラキラネームや珍しい名前をつけると後で苦労するのはその子供なのです。

就職に響いたり、いじめられたり、子供に恨まれたり。

もしかしたらあるかもしれません。

自分たちの大事な子供。特別な名前を付けたい気持ちはわかります。

じつは、キラキラネームの子供は虐待の被害者になりやすい傾向にあります。

これには、目先の事しか考えられない親が原因の可能性が示唆されています。

「愛」は名前以外で表すこともできます。

子供の立場に立って、将来その名前でどんなことが起こりえるのか。

名づけ、命名は後では変更できません。









0

窪田成

@CUBOTAsh 世の中はほとんどが賛否両論なのだと考えるようになりました。 例えば、「あなた」という存在。 社会の役に立っているかもしれない。が、地球にとっては酸素を二酸化炭素を放つだけの癌でしかないのかもしれない。 禅問答を語り合うのが楽しいと感じる変人です。 題材を募集中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 Star (No Ratings Yet)
読み込み中...