【接客議論】日本の店員丁寧すぎる問題について語り合いたい




「お客様は神様なのか?」




皆様は海外で接客を受けたことがあるだろうか?

もしなければ是非海外に行って接客を受けてみてほしい。

店員はガムを噛みながら、ほかの店員と話しながら、もしくは無言で対応してくるかもしれないからだ。

だが、これは別段珍しいことではない。



日本以外では普通なのだ。」



今回の議論テーマは「日本の接客が丁寧過ぎないか?」についての話題です。




「お客様は神様精神」はどこから?

割と古く、1960年に演歌歌手の三波春夫さんが初めて発言したことから広まった。

が、真意として本人はこう語る

「歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って、心をまっさらにしなければ完璧な藝をお見せすることはできないのです。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです」

三波春夫さんの「お客様は神様です」より

お客=完璧な芸を見せ喜ばせる相手」と三波さんはおっしゃっています。さすがは演者といったところです。自分が商品ですものね。

が実際のところこれをお客側、サービス側がどうとらえたのかというと

お客=偉い

この方程式が1960年ごろから定着してしまったのですね。

そうなると約60年後の今、どのように変化を遂げるのか。

その頃のスタッフや消費者が「お客様は神様でしょ?」と思い込み疑わないのです。

もしかしたら、その頃の人たちは今は社長や中間管理職などにになっている人も多いのではないでしょうか。

その頃の人たちは、スタッフにも「お客様は神さま」を強要することもあるでしょう。

今、接客業で働いている人たちは消耗していくばかりです。




海外の接客論

良くも悪くもみな平等な海外(特にアメリカ)

完全に平等とまではいきませんが、とてもナチュラルな接客です。

これは根底に宗教の影響もあるのかもしれません。

アメリカには自由と平等の精神があります。

また日本とは違いチップ制度でもあります。

日本には何のために頑張るのか明確な目的もなくは時給が発生します。

ですが、海外にはチップ制あるところもあり「チップのために」といった明確な目的が生まれます。

海外は自由なのです。

チップのために一生懸命働くのも、時給だけもらえればいいやと適当に働くのも。チップがなくともお客「様」として対応しなくても良いのです。




「日本の接客と海外の接客まとめ」

日本の接客と海外の接客とでは目的の違いが明白ですね。

日本は、「クレームを恐れたマニュアル接客」

海外は、「自由と平等の文化、そして対価としてのチップ」

よく言われるのが、

暮らすなら日本。

働くなら海外。

なんて聞きますね。


「皆さんは日本や海外の接客についてどう思いますか?」




0

窪田成

@CUBOTAsh 世の中はほとんどが賛否両論なのだと考えるようになりました。 例えば、「あなた」という存在。 社会の役に立っているかもしれない。が、地球にとっては酸素を二酸化炭素を放つだけの癌でしかないのかもしれない。 禅問答を語り合うのが楽しいと感じる変人です。 題材を募集中です。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ろくさん より:

    異常なお。も。て。な。し。
    ゴマすって、おだてて、乗せりゃ、軽い人は喜ぶ

    すいませんすいませんすいませんペコペコペコペコ
    プライドや誇りを捨てた、哀れなロボットに見え
    心が痛みます

    2+
  2. 匿名 より:

    対面してる相手に対して失礼を働くのが自由なわけないだろ

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 Star (No Ratings Yet)
読み込み中...