【議論】北方領土問題に新展開。ついに返還か!?

今回の議論テーマは、「日本の領土問題について」




まずは、北方領土問題を今一度振り返ってみましょう。

北方領土問題とは、北海道根室半島の沖合にあり、現在ロシア連邦が実効支配している択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々、すなわち北方領土に対し、日本が返還を求めている領土問題である。



先日11月下旬、日露首脳より平和条約交渉を加速することで合意がされたと発表がありました。

70年特に目立った進展がなかったですが、もし平和条約交渉の加速が本当であるのなら大きな進展です。

とはいえ、ロシアと日本だけの問題ではなく北方領土問題にはさまざまな国の思惑があり一筋縄ではいかない問題です。

記憶に新しいところですと竹島獲得を目指す韓国の「独島領土守護対策特別委員会」が国後島を訪問しました。これは何事かというとロシアのラブロフ外相が記者会見内で「北方領土開発に中国や韓国など第三国の投資を歓迎する」といった発言をしたことによる韓国側の対応でした。


北方領土問題は、ただの領土問題ではなくなっています。

領土問題について、日本は弱い傾向にあります。

そして、国民の関心が低いことも問題です。





領土問題について」皆様の意見




ラブロフ外相はまず、日本側が北方領土の歴史認識を改めるところから要求しています。彼にヒール役を演じさせるのがプーチン氏のお家芸ですが、本人はどこまで姿勢を軟化するか、、、。 https://t.co/qKzvpWmoKA— 秋田浩之(日本経済新聞) (@Hiroakitanikkei) 2019年1月21日



ひるおび!で八代英輝、瞬殺‼️
今、安倍政権が子飼いのコメンテーターを使って必死にやってるのは、北方領土問題のハードルを下げること
八代「領土より漁協権など経済的利益が重要
小泉(ロシア専門家)「経済的利益と領土・主権は全く別の問題。何のためにこれまで交渉してきたんですか」— 俵 才記 (@nogutiya) 2019年1月22日




石破茂「(北方領土返還交渉は)振り出しに戻った」「二島はおろか、まったく返ってこない」「主権を譲った平和条約など世界にあるはずがない」
まったく、その通り。安倍晋三がやっているのはシンプルな売国。— 適菜収。bot。(新刊『小林秀雄の警告』講談社+α新書) (@tekina_osamu) 2019年1月21日



ロシアの領土を私たちが渡すわけがないじゃないですか。形だけでも交渉してくれと日本の外務省が頼んでくるので、何も約束しない範囲で付き合っています」というロシア外務省日本担当者の言葉が全て、という感じだなこの件……。https://t.co/GulUAdsUQ7— 津田大介 (@tsuda) 2019年1月21日




0

窪田成

@CUBOTAsh 世の中はほとんどが賛否両論なのだと考えるようになりました。 例えば、「あなた」という存在。 社会の役に立っているかもしれない。が、地球にとっては酸素を二酸化炭素を放つだけの癌でしかないのかもしれない。 禅問答を語り合うのが楽しいと感じる変人です。 題材を募集中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 Star (No Ratings Yet)
読み込み中...