【賛否両論】車のハイビームはマナー違反なのか。

今回の賛否両論な議論テーマは「車のハイビーム」についての話題です。

最近は車がハイビームを使用することが多くなったように感じませんか?

昨今、技術の発展によりより明るい、そして長持ちなスーパーライトであるLTEが普及し軽自動車にもLTEが装備される様になりました。

どうやら最近では教習所でもハイビーム推奨な動きがあるそうです。教本にも「ハイビームで走行を」と記載されています。

眩しさに顔を背け交通事故、なんて事も珍しくない時代となりした。


急速に進むハイビーム開発


視界が悪くなる夜間では、様々な統計において事故発生率が高まることが判っています。その対策として、より明るく、遠くまで、また、広範囲にヘッドライトの光をあてることが効果的です。その観点から各都道府県警では、夜間の車両対歩行者事故対策として、早めのライト点灯とともに、ハイビームの積極的活用を励行しています。しかし、ハイビームとロービームの頻繁な切り替え操作の煩わしさやロービームの切り替え忘れといった問題もあり、全てのドライバーが適切に使いこなすのが難しいのも事実です。

このような実態を解消するため、メーカーによるヘッドライトに関する様々な技術開発が行われています。
最近では、ハイビームを自動的に調整して夜間の視界を最大限に確保する次世代型ヘッドライトが登場しています。特徴は、明るさセンサーや光学式カメラなど、さまざまなセンサーを連動させることで車両と周囲の状況を検知し、常時ハイビームのままでも他車を眩惑せずに走行できることです。

「通常運転時にハイビームは必要なのかどうか」皆様はどう思いますか?

0

窪田成

@CUBOTAsh 世の中はほとんどが賛否両論なのだと考えるようになりました。 例えば、「あなた」という存在。 社会の役に立っているかもしれない。が、地球にとっては酸素を二酸化炭素を放つだけの癌でしかないのかもしれない。 禅問答を語り合うのが楽しいと感じる変人です。 題材を募集中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 Star (No Ratings Yet)
読み込み中...