【2019年の日本はどうなる?】オリンピック前に、日経平均一年ぶりに19000円割れか!?

Apple


世界の2018年の年末



2018年末にリーマンショック並みの株価下落が起こりました。。アップルが2018年の秋に出した新作。「iphone XS・iphone XR」の売り上げ予想が下方修正されたことにより投資家心理が冷え込みました。

その影響で、株価が下がりGAFAの一角であるAppleの株価急落は世界混乱には十分でした。

アップルショックについて



アップルショックのほか、イギリスのEU離脱や米中の貿易戦争、アメリカの自国ファーストなど2018年の後半は激動ですね。

世間はクリスマスで賑わう中、投資家たちは絶望の淵へと落とされた方も多いのではないでしょうか。

24日、アメリカで世界経済の先行き不安を受け投資家心理が冷え込みリーマンショックが頭をよぎるほどの株価下落が発生しました。(約600ドルも下落)

それを受け、日本でもいつものように、便乗下落の警戒から売りが先行し1年ぶりの2万割れとなりました。

12月といえばボーナスもあり自然と上昇相場となる傾向があるのですが、それを踏まえての大幅下落には動揺を隠せません。おそらく長らく回復は難しいでしょう。



連休明けとなった今日も、1万9147円まで下がり1年8か月ぶりの大幅下落となりました。

とんでもないクリスマスとなった2018年。

2019年はどうなっていくのでしょうか!!

アップルの不振は、アップルのライバルであるSamsungやHuaweiの成長も大きく影響しています。

スマートフォンのシェアだけで言えば、現在のトップはHuaweiです。

また、googleも新作のスマートフォンを用意したりスマートフォン業界が過熱していますね。



日本の2019年はどうなるのか



オリンピック前は株価が上がる傾向があるので株価の回復はすると思うのですが、果たしてどうなるのか。

一年を通した株価は1月の株価を比例すると言われています。

このままだと、2万ちょいで止まりそうですね。




皆様は2019年、どうなると思いますか?







0

窪田成

@CUBOTAsh 世の中はほとんどが賛否両論なのだと考えるようになりました。 例えば、「あなた」という存在。 社会の役に立っているかもしれない。が、地球にとっては酸素を二酸化炭素を放つだけの癌でしかないのかもしれない。 禅問答を語り合うのが楽しいと感じる変人です。 題材を募集中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 Star (No Ratings Yet)
読み込み中...